広告

トレードでお金を稼ぐ基本的な心得

目安時間:約 7分

株や為替、金や不動産など、マーケットを相手にお金を稼ぐ実践法について、ご紹介しますね。  

 

私が行っているのは、株、FX(為替)、ビットコインです。  

 

このうち、積極的な売買を行っているのは、株とFXです。

 

ビットコインは積立のみ行っています。 

 

私が得たマーケットにお金を注ぐ時の心得をお話したいと思います。  

 

このトピックは、投下する金額の大小や投資経験関係なく大切なことです。

勝つための第1ステップは「強制退場を避ける」こと

株とFXでの私の成績はというと、現在までに大幅な負け越しです。  

 

今の時点で20万円程度の含み損を抱えていますし、確定した損も150万円を超えています。  

 

情けない話ですが、まずは現実を見据えないといけません。  

 

この失ったお金については、忘れることにしています。これから取り返せばいいだけですからね。  

 

大切なことは、マーケットから退場しないということです。  

 

そうです。

 

マーケットを相手にお金を稼ぐための第1ステップは、「退場しない!」 ということです。  

 

このマーケットからの強制退場という状況とは、   自分の手に負える以上の金額をマーケットに奪われた状態です。  

 

FXは、レバレッジをかけて自分の資金以上の額を市場に投じるのが一般的ですので、頻繁に起こりうることです。  

 

株においては、現物取引の場合は、投下した資金の範囲でリスクを引き受けることになります。  

 

しかし、信用取引を行った場合は、3倍までのレバレッジをかけることができるので、この場合は、FXと同様のリスクを背負うことになります。  

 

証券会社に入金する金額と実際に取引する金額は違うことを理解する

この強制退場を避けるためには、取引金額の上限をしっかり見定め、取引金額を決める必要があります。  

 

取引金額は、入金額ではありません。  

 

初心者ほど、「持たざるリスク」というセールストークに踊らされてしまいます。  

 

「持たざるリスク」とは、お金を遊ばせておくのは機会損失だというものです。  

 

私達、個人投資家には、持たざるリスクというものはありません。  

 

十分に機会を狙ってお金を投下すればいいんです。

 

入金額いっぱいにポジションを持つ必要はありません。  

 

ましてや、技術も未熟な人が多額の資金を投じるのは、むざむざお金を捨てているようなものです。  

 

お金が十分にあって、証券会社やFX業者に多額のお金を入金しても大きなポジションを持つのは、十分に練習をしてからにしましょうね。  

 

ここでいう練習とは、実際に資金を投じて取引を行うことです。

 

デモトレードは意味がないと言われています。

 

マーケットを相手にする際に、磨くべきは変動感覚

我々個人投資家がマーケットを相手に戦おうとするときに、まず磨くべきは変動感覚だといいます。  

 

デモトレードは意味がないという一番の理由は、この変動感覚を身につけることができないからです。

(2017年3月9日追記: 今の私は、デモトレードもありかな?と思っています。特に過去の値動きを参考に行なう過去トレードは、下山敬三氏のスクールでも推奨されていますし、私も実践しています。何事も経験ですね。)

 

この変動感覚という曖昧なものは、どうしたら磨くことができるのか?  

 

それはマーケットの値動きを受け止めることから始まります。  

 

下記の本は、株式投資について書かれている本ですが、FXの取引にも役に立ちます。  

 

投資を実践的に学びたいのであれば、是非読んでおくといいですね。  

 

http://han-rei.com/   横澤清久氏の上記のサイトに、投資の心得から実践までわかりやすくまとめられていますので、こちらもご参考に。

 

マーケット相手にお金を稼ぐには、実践的な学びが必要!情報は不要!

我々は、お金を稼ぐための理論を学びたいわけではなく、実践法を学んでいるんです。  

 

株式投資やFXなどは評論家や解説者が多く、そういった人の声の方が大きいです。  

 

そして、そういった人たちは、相場からお金をぶんどっているのかというと、答えはNOです。  

 

相場への投資を実践して実績を上げているわけでは無いということです。  

 

まず、評論家は実践家ではないと理解した上で、そうした人の話や情報を見る必要があります。  

 

というか、見る必要はありません。

 

実践するために、余計な情報は判断を鈍らせるだけだからです。  

 

まずは、値動きの受け止めに全力を注ぐべきということです。

 

まとめ

マーケットでお金を稼ぐための心得のまとめです。  

 

1.強制退場を絶対避けることが最優先!

2.持たざるリスクは無い!

3.評論家やアナリストはあてにならない!

4.技術の向上に全力を注ぐべき!   

 

って感じですかね。

 

私は、現在、下山敬三氏の波乗りトレードの手法をもとに、林輝太郎氏の推奨する場帳やら値板やらを用いてトレードを行っています。

 

ぼちぼち成果が出てきています。

 

ただ、何しろ経験が少ないもので、これでいいのかどうか、日々試行錯誤しているところです。

 

はやく、どっしりと構えたトレードができるようにしていきたいものです。

カテゴリ:雑感  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
カテゴリー
twitter
広告
広告

ページの先頭へ