広告

信用取引(証拠金取引)は怖くない。稼ぐ人になるためのスタートラインです。

目安時間:約 3分

取引手段が多いと打つ手も変わってくる

株式取引では、現物取引と信用取引があります。

 

現物取引は、自分の投資資金の範囲の中で株を買い、それが上がったら売る。配当やら株主優待を受け取れます。

 

信用取引は、証拠金を積んで、その3倍の金額までポジションを持てるという取引方式です。売りから入ることもできます。

 

この信用取引。

 

株の入門書では、「安易に利用すべきではない!」と、否定的に書かれていることが多いです。

 

私もそう思っていたんですけれども、林輝太郎氏の著書を読み、下山敬三氏の波乗りトレードを実践していく中で、信用取引は、そんなに怖いものじゃないなと、認識を改めました。

 

初心者時代の刷り込みを排除してトレードの新たな境地へ

株の信用取引は、難しいことは全然なく、むしろこれを利用しないと勝てない場面(売りを活用する場面)が多くあります。

 

株で稼ぐ力を身につけるためには、信用取引の利用はスタートラインです。

 

株の入門書等で、信用取引の危険性は結構言われますけどね。

 

私が読んだ入門書でも、信用取引は危険であるという記載があったような気がします。

 

初心者の頃にこういった刷り込みを受けると、信用取引の利用はためらわれと思います。

 

ただ、一歩踏み出して、ぜひとも活用してほしいと思います。

 

取引の幅が広がるし、勝てる可能性も広がりますから。

 

信用取引の口座開設自体は、トレード口座を持っていればそれほど難しくはないです。

 

申し込んで、審査に通過すれば、晴れて口座開設完了です。

 

やるやらないは、別として、信用取引口座の開設はダッシュで行ったほうが良いと思いますよ!

 

やりたくなったときにすぐに取引できますからね。

 

勝つ体制を整えるためにも準備だけはしておきましょう!

この行動ができるか、できないかが稼ぐ人になるかどうかの分かれ目です。

 

相場からお金をぶんどるためには、こちらにも相応の準備が必要です。

 

信用取引はそのための最低限の準備ととらえましょう!

 

信用取引口座を持たずに相場に臨むのは、防具をつけずにアメフトやアイスホッケーに出場するようなものです。

 

ボッコボコにやられちゃいます。

 

防具をつけてたって、ボッコボコにされる可能性があるのに、防具なしでは勝負になりません。

 

そこんところをよく考えてトレードに臨みましょう。

 

ちゃんと仕組みを理解して、正しいポジション取りができるように学んでいきましょうね。

カテゴリ:雑感  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
カテゴリー
twitter
広告
広告

ページの先頭へ