広告

最終レースでまさかの原資回復。まぐれ当たりでも当たりは当たり。

目安時間:約 3分

昨日は有馬記念でしたね。

 

2018年。平成最後の有馬記念。

 

競馬自体に興味はないので、どうでもいいです。

 

いろいろと特集はやられていたようですが、あんまりそういう情報に触れないので、特に食指も動かず。

 

淡々とツールを回すのみです。

 

そして、普通に3連複で、早い段階で当たりをゲットしたので、ツールは止まっておりました。

 

あたったら、それ以上ツールを回さない設定にしていましたので。

 

止まるのが早すぎたので、ちょいとリスク高めで、最終3レース、2会場、合計6レースを単勝で回す設定にしました。

 

500円からスタートし、追い上げ1.8倍設定。

 

6レース分全て外れたら、約6000円の損です。まあ、クリスマスだし、いいかなと。

 

当たれば儲かるし。打席に立たないとヒットは出ないし。

 

そして、ツールスタート。

 

中山は10レースで早々に当たりをひき、そこで終了。

 

阪神は最終12レースまで外れていたのですが、12レース単勝1点買でまさかの大逆転でした。

 

25000円ゲットです。

 

おー!!こんなこともあるんですね。

 

ただ、これはあくまでもまぐれあたりなので、これに引きずられると今後資金を飛ばしかねない。

 

こういう大当たりは早々に忘れるに限ります。

 

コンスタントに勝ちを重ねていって、ツール代(30000)と情報代(2500)とサーバー代(2000)以上の儲けを出し続けないといけません。

 

毎月35500円以上増えればこれを続けることができます。

 

まあ、これらの経費をショバ代と考えればビジネスとしては安いものですかね・・・。

 

投資競馬の利益を実際に享受でき、可能性を再認識させられたナイスな1日でした。

カテゴリ:雑感  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
カテゴリー
twitter
広告
広告

ページの先頭へ