広告

トレードで利益を上げるには逆行しても焦らないポジを作ることが大切!

目安時間:約 4分

トレードで利益を上げる人と損する人の違いはなにか?

トレードを行っている人で、利益を上げたくない人はいませんよね。

 

でも、利益を上げている人は少ないといわれています。

 

トレードで利益を上げるには、安値で買って高値で売る。高値で売って安値で買う。

 

この繰り返しです。

 

でも、うまくいかない。ぜんぜんうまくいかない人が大半だと思います。

 

私も以前は、うまくいきませんでした。

 

この原因は何でしょうかね?

 

資金に余裕のないポジションは負ける原因

私が思うに、その原因の一つは、取引を急ぎすぎるということがあると思います。

 

焦るとトレードはうまく行きません。

 

ゆっくりとポジションを持つことが大切ですね。

 

では、なぜ、急ぎすぎてしまうのか?すぐに利益を上げたいと思ってしまうのか?

 

それは、資金管理ができていないから。資金いっぱいに一つのポジションを持ってしまうからです。

 

これをやってしまうと、リカバリーする機会がなく、一つのポジションにすべての運命を託すことになります。

 

いわゆる「あてもの売買」と言うやつですね。

 

ポジションを持ってお祈りする。「お祈りポジション」を持ってしまうことです。

 

トレードで利益を上げる人はどちらに転んでも対応できる人

トレードで利益を上げる人は、違います。決して1回の売買で勝ち負けを決しない。

 

資金を分割して、ポジションを調整するんです。

 

探りの建玉を入れて、相場の状況を見る。状況をみて、玉を重ねたり、逆のポジションを持ったりするんです。

 

これをやるだけでも勝率は全然違ってくるし、冷静にポジションを把握することで、打つ手が色々と見えてきますよ。

 

株の場合は信用取引を行なうことで、こういったポジション調整が容易になります。

 

というより、信用取引をしないと、売り玉が持てないので、利益を上げるには必須の取引方法といえますね。

 

FXの場合は、特に意識せずとも「売り」、「買い」のポジションを立てることができますね。

 

資金管理という視点にたてば、取引できる銘柄は絞られる

株において、取引できる銘柄はたくさんあり、迷ってしまうことも多々あると思います。

 

でも、資金を分割してポジションを持つという視点を持つと、自分の資金いっぱいにポジションを持つことができなくなるので、取引銘柄を絞り込むことができます。

 

資金分割ができる金額で取引できる銘柄を選ぶことが大切です。

 

勝ちたいならば銘柄は絞ったほうが良いというのが、勝つ人の条件とも言われていますからね。

 

ちなみに私は現在一つの銘柄でしか取引していません。→2017年3月現在3銘柄いじっています。

 

トレード日誌はこちら

 

焦らず、じっくりポジションを温めて行きましょうね!

カテゴリ:雑感  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
カテゴリー
twitter
広告
広告

ページの先頭へ