広告

稼ぐためのトレードにおける時間軸の考え方

目安時間:約 3分

トレードにおける時間軸とは?

トレードにおける時間軸とは、どういったものでしょうかね?

 

どういう時間単位で取引していくか。

 

証券会社やヤフーファイナンスの情報ページにはいろんな時間軸のチャートが載っています。

 

1分足、5分足、1時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足など。

 

いろんなパターンの時間足があるため、どうしたらよいか迷うことも多いと思います。

 

私は、デイトレードで取引をするわけではないので、日足未満のチャートは基本的に見ません。

 

というかチャートそのものを見ていません。

 

では、値動きの受け止めはどこを見ているのかといいますと、自分でつくる「場帖」と「グラフ」です。

 

プロの相場師は日足と月足等を自分で書いているらしい?  

相場の教科書として利用している林氏、立花氏、板垣氏の本では、「日足」と「月足」が大切といっています。  

 

日単位の終値の折れ線グラフと月単位のローソクチャート。  

 

これで値動きを受け止めて、トレードを行っているようです。

 

これに習っているわけです。

 

私は、月単位のローソクチャートは書いていません。 

 

デイトレードやスキャルピングなどは行っていません。

 

場が立つ前に注文を成り行きで出して終わりです。  

 

これらの本は、ネット取引環境がない時代の話ですから、投資環境は、今と大分違います。  

 

今は、株でもFxでも場中の値動きを確認することは簡単にできますし、FXなんてそれこそ24時間取引が可能なので、区切りをつけるのは大変です。  

 

現在の我々のトレード環境で大きな時間軸での取引を行う場合、リアルタイムで値を確認できてしまう分、ぐっと我慢しなければいけない場面が多くなります。

 

ご自身のトレード環境にあわせて、取引する時間軸を決めてしまえばいいのですが、1度決めたら、その時間軸を守ることが大切です。  

 

ちなみに下山敬三氏は、チャートを書くといった面倒なことはやっていないようです。

 

カテゴリ:雑感  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
カテゴリー
twitter
広告
広告

ページの先頭へ