広告

鳴くまで待とうホトトギスの精神はなかなか体現できましぇん

目安時間:約 2分

2018年8月が終わりましたね。

 

正確には、株の時間が終わっただけで、FXはまだ続いていますけど。

 

8月の反省点はズバリ!「決済ミスで吹っ飛んだ利益!」というところですね。反省し、後悔することの無いよう、メンタルをフラットにしないといけませんね。強制的に使えないように設定を見直しましたが、この設定をもっと早くやっておくべきでした。

 

これは、操作ミスなので、自分の意志とは別で、アプリの設定で回避できることですね。

 

こういったミスとは別で、トレードにおいて、自分の意志が関係する技術がありますよね。

 

「待つ」という技術です。

 

株でもFXでもそうですが、私は待てません。待つことの大切さは重々承知なんですが、待てませんね。

 

エントリーもそうだし、決済もそう。待ってりゃいいのに待てない。

 

この「待つ」のが大事。「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」の精神をしっかり噛み締めて今後のトレードに活かしたいところですね。

 

待てるトレーダーが一流、待てないトレーダーは三流以下ですね。

 

そんななかでも8月の下旬はだいぶ待てました。というか、「待つ」ことを意識し、「待てない」自分に気付けたというべきか・・・。「待てない」ことを知ってはいたんですが、実際に意識して待つことをやれたということです。

 

待てたことで利益固定もできてきましたしね。ただ、同一方向の値幅をあまり取れていないという意味では、待ちきれていないのですね。

 

そこも今後の課題ですね。値幅が大きくなるまでエントリーしない!逆行したら、無理にエントリーせずとりあえず諦める!というマインドをシッカリ体に練り込むことが現在の課題となっています。

カテゴリ:雑感  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
カテゴリー
twitter
広告
広告

ページの先頭へ