20220903米国雇用統計の日

目安時間:約 5分

自分の備忘録を兼ねて、トレード日記をつけてみようかと。

 

別に儲かっているわけではないです。

 

記録の蓄積が今後の糧になるかなーと思いまして。

 

トレード条件は下記です。

  • ポンド円
  • 1万円からスタート
  • 業者はXMマイクロ口座
  • 両建てしまくり
  • 損切りなるべくせず
  • 裁量のみでEAは使わない
  • 指値、逆指値、成行は臨機応変に
  • ファンダメンタルは意識せず
  • ポジションバランスのみを意識する
  • 値動き出たらうれしいー

 

週の終わりにスクショを撮って前週のスクショと比べてどうなったかを検証する感じで進めて行こうかなと。

 

今週の振り返り、前週との比較

 

こんな感じになっております。

 

2022/9/3
含み損 9340円
残高 15323円

 

2022/8/31
含み損 8015円
残高 14545

 

差し引き
含み損 1235円増加
残高 778円増加

 

というわけで、残高が増えるよりも含み損が増える結果となっております。

 

売りポジションで利益が出ているので、これを伸ばすか買い持って利益固定作って放置か。

 

いまは、買いポジションの数のほうが優勢ですね。

 

自分の取り組んでいる手法について

1ポジションは現在は300通貨固定で行っています。

 

今後増えるかもしれませんがね。今は300通貨です。

 

ポジション数の上限はあんまり意識していませんが、維持率が10000%を切らないように気をつけています。

 

チャートはあんまり見ないので、エントリータイミングは適当です。

 

一応、移動平均線は3本引いてますがね。

 

同一方向で50pipsくらい離れたところに指値をしています。

 

ポジションバランスと反対方向に勢いが強いときはその方向に成行きか逆指値でポジションをとります。

 

これが結構取り残されます。

 

指値をして待ち構えているので、基本的には逆張りになるのかな?

 

でも、売り買い両方指値をするので、あんまり順張り逆張りの意識はないですね。

 

利確のタイミングも適当です。

 

利益取ってから、同じポジションを建値で指値して何度も取れると嬉しいですね。

 

利益をのこすための課題

膨らんだポジションを整理しつつ、売りか買いかにポジションを寄せないといつまでも利益が残らないんですよね。

 

どこかのタイミングでザクザクとポジションを切らないといけない。

 

その覚悟が定まらないうちは、こうやって両建てでしのいでいくんだろうなと。

 

両建ては、本当に賛否両論あって、否定派の意見のほうが多いですかね。

 

意味がないじゃないかと。

 

ただの延命措置だと。

 

まあ、たしかにそうなんですけど、うまく立ち回れたら利益残るんじゃないかなーとは思っています。

 

それを実証できたらいいなと思っています。

 

国税庁を装う輩から迷惑メール来ましたね。アホンダラ!って感じです。

 

それでは。

カテゴリ:トレード日記 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
twitter
広告
広告

ページの先頭へ