広告

自分を高め、誰かの役に立つために学びたいこと

目安時間:約 6分

ブログで収益を得るためには誰かの役に立たねばいけません

ブログを収益化するためには、人の役に立つ記事を書かなければなりません。

 

自分の高める記事にしないといけません。

 

そのためには、自分を高めつつ、その体験が誰かの役に立つことを発信する必要があります。

 

最近自分が高めたいこと、それはプログラミングと投資です。

 

この2つは自分の人生のなかでも最上位に位置する最も興味深い事項となっています。

 

なぜプログラミングを学びたいのか?

もともと、自分はプログラミングには興味がものすごくありました。

 

その昔、「こんにちは!マイコン」という漫画を読みながら、プログラミングにあこがれていた日々を思い出します。

 

今は、全然関係ない仕事をしておりますが、最近、仕事でLinux上でPythonを触る機会が多々ありまして、そのための知識が必要になってきております。

 

これ幸いとばかりにプログラミングを学んでおります。

 

Javascriptの勉強とかも仕事中にできるので、良い環境に恵まれております。

 

Linuxをウインドウズ上で動かすWSL(Windows Subsystem for Linux)を有効にして、Ubuntuをインストールしております。

 

コマンドラインでのPC操作は慣れると面白いですよね。

 

自分が学んだ知識をアウトプットする場にこのブログがなれるとうれしいですね。

 

本当は新たにブログを立ち上げて、そこで1からやってみようとも思ったのですが、なかなか腰が重いので、このブログにとりあえず、書き溜めて見ようと思います。

 

気が向いたら、そちらもぼちぼちやっていこうと思います。

 

 

文系でもはじめてでも稼げる!プログラミング副業入門 /ソシム/日比野新
by カエレバ

 

なぜ投資を学びたいのか?

投資については、「お金増やしたいよね」というのは永遠のテーマですから。

 

もともと、投資と投機についての区別があんまりついておらず、じっくり腰を据えて投資をやったことがあんまりなかったなーと、つくづく反省しているところです。

 

コロナ禍ということもあり、今年の前半の乱高下で資金を結構飛ばしてしまいました。

 

その反省から、地に足をつけた投資スタイルを身に着けていかないと、来たるべき大きな出費に対応できないという考えに至りました。

 

また、借金をちゃんと返して、出費を抑え、身軽な生活スタイルを実践していくことの大切さも学びました。

 

いままでは、「借金してても、それ以上に投資(投機)で稼げばいいんでしょ?」みたいに、思い上がっておりました。

 

でも、違うんですよね。借金は膨れてくるし、投資は儲からないしで、いいこと無しでした。

 

なによりも、借金しながらの投資(投機)は予想以上にメンタルを揺らされます。

 

なので、心穏やかな人生とは程遠いものでした。

 

こういう基本的なことすらも理解できていませんでしたね。

 

今は、そういう環境から抜け出し、借金を返済しつつ、投資資金をためています。

 

カードローンは完済したし、分割払いも完済しました。

 

あとは大口の車のローンと太陽光発電のローン、住宅ローンのみに絞られています。

 

車のローンは来年9月に完済予定です。

 

太陽光のローンはあと6年位あるのですが、繰り上げ返済の目処をたてつつ早めに返したいなーと思います。

 

アウトプットの場としてブログを活用する

まあ、もともと、ブログは結構書いているのですが、いかんせん読者がおりません。

 

自分的には、結構まともなことも書いているかなーとは思うのですが、全然読まれていないんですよね。

 

ある時期、コンサルタントの方と一緒にブログを構築したこともあるのですが、その方からは破門にされちゃいました。

 

作業量が少なくて、その人の逆鱗に触れちゃいましたね。

 

まあ、いいや。

 

とにかく、プログラミングと投資の学びのアウトプットの場としてブログを活用していきますというお話でした。

 

学びのアウトプットはインプットよりも意識して行わないとできないので、なんとか頑張りたいところです。

 

投資やお金に関しては、実践と学びが不可欠です。専門的な知識を継続的にインプットしていくことがおすすめです。

 

ツナギ売買の実践 /同友館/林輝太郎
by カエレバ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
カテゴリー
twitter
広告
広告

ページの先頭へ