自動売買における相場の乱高下によるダメージを回避する方法

目安時間:約 3分

有事の際のトレードについて

自動売買は放置して勝手にトレードしてくれるのが魅力ですが、外部環境の変化には手動で対応しないといけません。

 

2020年1月3日に中東情勢がにわかに緊張してまいりました。

 

そして、3月のコロナショック。

 

こういうときにどう立ち回るかでトレード成績が大きく違ってきます。

 

基本的にポジションを持っていないEAは停止。

 

ポジションを持っている場合、なんとか、ダメージをへらす努力をしないといけません。

 

思い切って全部ポジションを切って、停止するか、ポジションを消さずに祈るか。

 

この辺は、今までの経験やEAの特性で自分で判断する必要があります。

 

泣いても笑っても自己責任ですから。

 

EAの特性を理解しておくことが大切

突発的な事態が起きた際に、どうするか。

 

本来であれば、事前に決めておく必要があるんですよね。

 

自分が動かしているEAの特性を理解して、自分のポジション、今後取るであろうポジションから判断できるかと思います。

 

ロスカットポイントがどこにくるとかですね。

 

特に、ナンピンマーチン型のEAの場合、平時は爆益、有事は破綻などということも十分ありえます。

 

有事の際の乱高下はトレードを行う上では絶対に避けられないことなので、うまく立ち回れれば、自信につながります。

 

自分の大切な資金をリスクにさらしているということを、しっかりと肝に命じていかねばなりませぬ。

 

世の中には攻めるEA、守るEA色々ありますからね。

 

どのEAも私の裁量トレードよりもよほど成績が良いです。

 

取るべきところでポジションを取り、決済するところでちゃんと決済するというトレードの基本に忠実ですからね。

 

乱高下を回避し、ダメージをへらす方策を身につければEAでの運用は悪くないです。

 

そういう有事の際の立ち回り方を研究していきたいと思います。

無料EAのカラクリ!詐欺かどうかの見極めは相当むずい。

目安時間:約 5分

無料EAとは?そもそもEAってなに?

EAというのはエキスパートアドバイザーの略で、MT4を利用した自動売買プログラムです。

 

MT4というのはFX業者が提供している取引プラットフォームです。

 

このMT4にいろいろなEAを設定することで、自動売買が可能になります。

 

このEAにはいろいろなものがあります。

 

入手方法は色々とあります。

 

ゴゴジャンとかから、有料で購入したり、ツイッターとかで配っているものもあります。

 

口コミで投資仲間から紹介されるもののあります。

 

「EA販売」等でグーグル先生に聞いてみるといろいろな情報が得られます。

 

とにかく、EAは自動売買プログラムであるということをご理解いただければと思います。

 

どうして無料のEAが出回っているの?

今回導入したのは無料のEAです。

 

無料だと、配布者にはメリットがないと思いますよね?なんで、タダでくばっているの?と。

 

まあ、これにはカラクリがありまして、ユーザーがEAを使って取引をすることで、EA販売者はFX業者から報酬を得ているのです。

 

つまり、EA販売者には報酬が入るのです。

 

今回は、ツイッターで知り合った方から紹介してもらいまいした。

 

XMのアフィリエイト収入で賄うから使用料金等はかからないと公言していました。

 

紹介者や開発者は、ユーザーがXMの指定口座で取引さえしてくれればいいわけで、ユーザーが損しても得してもノーリスクで収入を作ることができますからね。

 

うまいシステムでございますな。

 

ただし、変なEAでユーザーが息の長い取引ができない場合は、彼らにも報酬は発生しないわけで、そこは頑張っているぜ!と言っていました。

 

誠実な対応だと思います。本当か嘘かはわかりませんがね。

 

何はともあれ、このEA、今の地合いではいい仕事をしています。

 

運用開始から、毎日プラスになっています。

 

損切は設定されていないようなので、ポジションと逆方向でトレンドが出た場合、底なし沼で損が膨らむ可能性があります。

 

ロングとショートを両方持つ設定にしてるので、もしかしたら、両建てを繰り返すのかな?

 

今のところ、ポジションが取り残される状態になっていないので、何とも言えません。

 

そして、開発者は、ビビってる時はEAを止めましょう!とも言っています。

 

四六時中走らせる必要はなく、相場が穏やかな時にふんわり走らせることを推奨しているようです。

 

相場が大きく動くような指標、要人発言などは、時間帯が決まっています。

 

稀に、突発的にミサイルが飛んできたり、トランプ大統領がつぶやいたりといったことは起こりえますが、それはなにをしていても一緒ですしね。

 

まあ、このEAとうまいこと付き合ってよい結果が得られるといいなーと願う今日この頃です。

 

日経225CFDによる裁量取引もやっていますが、なかなか良い結果にはなりません。

 

もう少し証拠金を増やしてロットを大きくして、ちょっとの値動きでもがっつり儲かるスタイルにしてみましょうかね。

 

裁量と自動売買。

 

どっちもよい感じです。

BlackBerry を買っちゃった

目安時間:約 2分

キーボードつきスマホのブラックベリーを買っちゃいました。

 

私、スマホの2台もちをしております。なぜかというと、ビジネス用とプライベート用を分けたかったからです。

 

でも、いまとなってはあんまり意味がないかんじもありますが、それはさておき、Blackberry は、サブスマホのsim のやつなんですよね。

 

メインはmicroSIMだし、サブはnanoSIMだし。というわけで、nanoSIMのサブ機をBlackberry に変えたのでした。

 

文字入力は流石にスムーズですね。

 

ブログの更新も捗るってなもんです。

 

まあ、これはPCで書いてますが・・・。

 

2020年10月追記

 

スマホの2台持ちをやめまして、BlackBerry1本にしぼりました。

 

このスマホにSim2枚挿していたのですが、意味がないのでやめました。

 

現在は楽天モバイル一本のみです。

 

無駄な経費を絞り、家計改善に努めていきたいですね。

 

カテゴリ:家計改善  [コメント:0]

「備えよつねに!」の大切さを体現した父の最後の教え

目安時間:約 2分

2019年9月某日に父が急逝しました。

 

そこから怒涛の一週間が始まりました。

 

車で外出中の帰宅途中で、車の中で亡くなっていたので、警察沙汰となり、葬儀社の手配、遺体の搬送、検死、自宅への迎え入れ、葬儀の手配、焼き場の手配、牧師への依頼を行いました。

 

ここで必要な備えは、「お金」と「連絡先の確保」ですね。

 

我々は、とにかく全員が大人で、社会人であったので、その場で諸々調査し、今までの経験やツテを頼りに手配ができましたが、残された者が子どもや未成年、社会的弱者だった場合、どうしたらよいかわからなくなってしまうなーと思いました。

 

家族が亡くなって放置していて問題になるケースがニュース等で報道されることがあります。

 

これ、わざとやっている可能性もありますが(年金の不正受給等)、どうしていいかわからないケースも多いのではないかと思います。

 

昔は、葬式は、近所の人が集まって諸々手配し、地域の皆さんで葬式をしたということですが、今はそのような文化は廃れているところも多いと思います。

 

少なくとも、私の住んでいる地域は、そういった近所付き合いはありません。

 

こうした場合、自分が急逝した場合、子どもたちが困らないような、実務的な備えが不可欠になりますよね。

 

電話する先(葬儀社、勤務先、親戚等)、少しの現金(10万円)を準備し、子どもたちにレクチャーする必要性を痛感しました。

 

というわけで、人は死ぬという現実から目をそむけずに日々準備しておくことは下記のとおりです。

・連絡先の整理

・少しの現金

・思い出(写真はいっぱい撮っておいたほうが良い)

 

それでは。

カテゴリ:雑感  [コメント:0]

過去記事の見直しと「稼ぐ」ことの意義を深堀り

目安時間:約 4分

過去記事を見直すことでブログの面白さを再確認

ブログって、面白いですね。

 

収益化を狙ってどうこうという話ではなく、ただの自分の文章を皆さんに見てもらえる機会となりますからね。

 

そして、書き溜めていくと、自分のライフログになるわけです。

 

ライフログは超大事。

 

写真や映像も大事ですが、そのときに自分が思ったこと、感じたことを記録しておくことが、後の成長を測定する手がかりになりますからね。

 

現在、私は、過去の記事を読み返して、いろいろと手直しをしています。

 

特に、カテゴリーの見直しはしていきたいなーと。

 

なんか、バラバラしてるし、カテゴリーだけ見るとすっごいまとまりがないので。

 

また、当時言いたかったことを、もっと適切な言葉に置き換えたり、単純に誤字脱字を修正したり。

 

SEO的には、ブログの文字数が結構大切らしいのですが、あんまり意識していないのでそのへんももう少し意識してみようかなとか。

 

キーワードを意識した文章を作成しないと上位表示されないとか。

 

私的には、書きなぐっているだけなので、そこまでゴリゴリのブログ文章にはなっていないですね。

 

でも、あわよくば収益化ではなく、収益化を狙って行う事ができれば素晴らしいです。

 

稼ぎたいですし。

 

自分にとっての「稼ぐこと」の再定義

 

このブログ自体は、「稼ぐこと」を主眼においたものになっていますが、「稼ぐこと」ってよく考えたら、人生そのものです。

 

稼がないとご飯が食べられない、稼がないと家に住めない、稼がないと子どもと遊べない。

 

など、資本主義社会においては、稼ぐことをないがしろには絶対にできません。

 

ただし、「稼ぐだけ」では幸せになれないともよく言われます。

 

「稼ぎ、他者とのつながりを大事にするべし」という。

 

自分も他人も喜ぶようないい稼ぎ方をしないといけない。

 

人生を豊かにするような稼ぎ方。

 

この稼ぎ方を実践しないと意味がないということですね。

 

なので、ブログにおいて、自分が稼げた、稼げなかった情報を発信することに意義があるんですね。

 

他者の役に立つかもしれませんから。

 

今、私が本業以外で実践している稼ぐための行動は

  • 自動売買FX
  • 裁量トレード(FX、日経225CFD)
  • ブログ運営
  • コミュニティ運営
  • プログラミング学習

 

です。

 

これらをグルングルン回して実践、検証を繰り返し、資産構築ができれば嬉しいですね。

 

それぞれから得られる利益は、まだまだ微々たるものなので、収益の細ーい流れをいかに太くしていくか。

 

子どもが高校生になるまでに結果を出す必要があります。あと8年。

 

がんばらにゃー!!

ブログに広告が表示されていないと気づいたとき行うこと

目安時間:約 2分

アドセンス広告が表示されなくなった気がするので、広告コードを新たに取得して、貼り付けました。

 

そしたら、広告掲載が再開されましたね。

 

ずーっと放置しておくと、いろいろと不具合があるようです。

 

たまにはメンテナンスをしてあげないといけませぬな。

 

グーグル先生のご機嫌次第なので。

 

10月からads.txtのルート設置が義務付けられるようで、これまた意味不明でしたが、それも終わりました。

 

自分のドメインのルートディレクトリに置いておけばよいだけとのことです。

 

サーバーに入って、ドメイン内のpublic.html上に置くだけ。

 

このサイトが自分のものであるという宣言をするためのテキストコードとのことでした。

 

というわけで、記事更新も大切ですが、ブログ全体のデザインや広告の見直しは定期的にやりましょうというお話でした。

 

思考やアウトプットの場としてのブログですが、せっかくの収益機会ですから、できることはちゃんとやりましょう!

 

最近のアドセンス広告コードって、レスポンシブルがすごすぎて、特に選ぶ必要ないですからね。

投資における利益率と利益額、どちらが大事?

目安時間:約 3分

利益率(利率、利回り)と利益額。

 

どちらも高いに越したことはないですが、私は利益額にこだわった投資を行っていきたいです。

 

そのためには元本をしっかりと積み上げる必要があります。

 

以前は、あんまり意識したことなかったし、得られる利益額が低くても利益率で考えたら結構いいじゃん!なんて思ってました。

 

でも、同じ利益率1%でも、得られる金額は元金によって全く違います。

 

1万円なら100円、10万円なら1000円、100万円なら1万円。

 

投資を行うならば、利益額にこだわったほうが健全ではないかと。

 

利率20%でも、1万円の元金(利益額2000円)では100万円の1%に勝てないわけですよ。

 

できるだけ元金の額を引き上げていかなければ意味がないと真剣に思っています。

 

短期トレードの利益もビジネスの利益も給与所得の役割は生活費の確保と投資元金を作るための作業であるべきです。

 

複利でお金を増やすということは元金を積み上げていくからできるわけです。

 

トレードで儲かったお金は使ってはいけないんです。

 

投資で食べていくのは大変というのは、こういうことだと思うんです。

 

儲かってもその金額を使っちゃいけない。

 

ぐっとこらえて、充足の先延ばしをしないといけない。

 

投資元本が納得の行く額が貯まるまで、コツコツ積み上げていくしか方法はありません。

 

生活を守りながら、トレード資金を確保し、負けない取引を行い、元本を積み上げていく。

 

これが今の私のステージでは王道でしょうね。

 

お金が必要なイベントが発生しないよう願うばかりです。

今の自分がやりたいこと、そのためのロードマップ

目安時間:約 2分

今の私がやりたいことは主に下記の4つです。

 

  1. 不動産投資
  2. キャッシュフローゲーム会
  3. Coder道場
  4. 訪問鍼灸

 

実現可能性が高いのは2と3ですかね。

 

特に、2,3は地域の子ども向けに発信できるといいなと思っています。

 

ツイッターのようなつぶやきになってしまいましたが、とりあえずここまで。

 

ロードマップはまた今度

 

また今度と言いながら、2週間(2019年9月2日)の時を経て

なにがかわったかというと、

 

そうですね・・・。不動産投資についてはある情報商材を買いましたね。

 

10万円です。

 

情報商材、転売塾なんかを色々買って、借金で首が回らなくなったのに、懲りずに買いました。

 

思えば、収入激減から1年が過ぎました。

 

家計の財務状況もだいぶ改善してきたので、さらなるお金稼ぎを行うための布石を打ったことになりますね。

 

やはり攻めと守りのバランスが大切です。

 

守りは引き続き行っていくとして、攻めるプランも持っていきたい。

 

その攻めのプランのうちの一つが不動産投資というわけですね。

 

私がやっているFXの自動売買は、攻めと守りのバランスが絶妙です。

 

猛烈に儲かることはないものの、損を抑えつつなんやかんやで増えている。

 

理想の投資先です。

 

コレッだけやってればいいんじゃないのとも思えてきます。

 

最近は。

 

でも、退屈なんで、あらたに不動産投資の勉強を始めた次第です。

 

カテゴリ:雑感  [コメント:0]

投資でお金を稼ぐということの本質。はじめの一歩

目安時間:約 5分

 

確実なものと不確実なもの

「いついつまでに、いくら稼がなければいけない」という状況では投資はうまくいきませぬ。

 

マーケットを相手にしているので、いつ利益が上がるかなんぞは不確実すぎるわけですよ。

 

確実なもの:毎月の支払い日、支払金額

不確実なもの:毎月の投資の利益

 

借金をして投資に臨むことがいかに愚かであるかの本質はここにあります。

 

ましてや、借金をせずとも、日々の支払いは発生するわけです。

 

投資元本が少ないうちは「日々の支払を投資の利益で賄おう!」という考え方ではダメだということです。

 

最終的なゴールはそれでいいんですけども、今の時点でその考え方で投資に臨むと失敗しますね。

 

この考え方で投資をしていい人はこの人です。↓

 

すでに潤沢な資金を持っている人!

 

こういう人は、勝っても負けても日々の支払いに影響が出ないでしょうから、好きにやったらいいんです。

 

でも私のような、日々の生活に追われている人は、投資資金を潤沢にすることがまず最初のステップになるんですね。

 

なので、投資資金を増やすことに全力を注ぐんです。

 

ラットレースを抜けるために必要な覚悟

日々のトレードや投資で資金が増えてもそれを使うことを考えては絶対にいけません。

 

日銭とは切り離した資金管理が必要ということです。

 

絶対に投資以外に使わないお金。

 

このお金の確保に全力を注ぐんです。

 

だって投資では元本が少ないうちは稼げないもの。思ったよりも。

 

利益率は高くとも、利益額はほんの微々たるものですよ。

 

ましてやいろんな商材に手を出して、いろんな手法に手を出して、聖杯を探しているうちは、絶対に稼げないです。

 

最終的にラットレースを抜けるためには、毎月の不労所得が支払いを上回ることが大切になりますね。

 

いくら、想定利回りがよくとも、見込み利益が多くとも、実際に稼げていなければ来たるべき支払いに備えることはできませぬ。

 

確実に来る支払い日と不確実な利益。

 

「取らぬ狸の皮算用」は、人生において、最も愚かで危険な行為です。

 

確実に来る支払日に備えるためには、日々のキャッシュフローをプラスに持っていき、資金をガッチリ確保する必要がありますよね。

 

家計改善で、節約が先に来るのはそのためです。

 

まずは穴を塞がないといけません。

 

日々の支払いをしつつ、投資元本が増えていく状態。

 

この状態を作るのが先決ですよね。

 

そのための労働であり、そのための短期トレードであり、そのための起業(ビジネス)であるわけです。

 

安全に皮算用を行うための考え方

 

皮算用は危険というのは、たしかにそのとおりですが、投資はある程度の皮算用は仕方ない部分はありますよね。

 

というか、皮算用をしなければ始まらないかもしれません。皮算用は仮説なので。

 

皮算用をしながら(仮説を検証しながら)、どれだけ不確実な部分を減らし、優位性を確保できるかを探るんですね。

 

そう考えるとなおさら日銭と投資資金は分けて動かなければいけないということですよね。

 

まとめ

まとめますと、、、

 

・生活資金の確保が最重要。生活が破綻したら投資どころではない。

 

・投資資金と生活資金とはきっちり分ける

 

・投資の利益は再投資。引き出しちゃダメ。

 

この考え方がはじめの一歩でしょうね。

 

今、お金に困ってカツカツの人が投資をしてすぐにお金持ちになるとは考えにくいです。

 

でも、資金を積み上げて、投資金額を上げる努力をすれば、お金持ちになる可能性は上がってきます。

 

道のりは長いですが、やる価値のあることだと思いますよ。

 

そのための学びであり、実践です。がんばりましょう!

カテゴリ:雑感  [コメント:0]

家計改善で一番最初に意識すること

目安時間:約 2分

とつぜんですが、お風呂にお湯をためるときには、まず一番はじめにやらないといけないことはなんでしょう?

 

それは、湯船に栓をするということですよね。

 

これをしないといくらお湯を入れてもたまりません。

 

じゃぶじゃぶと漏れ出ていってしまいます。

 

家計も同じ。

 

まずは、栓をして、穴を塞ぐことが大切なんですよね。

 

その上で、お湯をださないといけません。

 

私は、これがわかるまでに結構な年数を要しましたね。

 

じゃぶじゃぶとお湯が漏れているにもかかわらず、お湯をどんどん足せばいいんでしょ?という感じ。

 

でも、何かの理由でお湯が止まったりする事態が起きるんです。

 

水道の故障だったり、湯沸かし器のこしょうだったり、水の供給が止まったりとか。

 

自分のせいかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

 

でも、お湯は出ない。そんでもって、栓をしていないから、溜まっていない。

 

結局お風呂に入れない。

 

お風呂だったらまだいいけど、家計だったら、一気にやばい状況に陥っちゃいます。

 

ただでさえ、管理できる範囲であってもある程度の出費はあるので、常に穴は開いている状態なわけですよね。

 

この状態をしっかり認識して、入ってくるお湯の量と、出ていくお湯の量をしっかりと管理して、なるべく入ってくる量を多くし、キープする状況を作らないと行けませぬ。

 

これが大事。

 

 

カテゴリ:雑感  [コメント:0]

カテゴリー
twitter
広告
広告

ページの先頭へ